生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化
生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

払込を終えた終身保険の受け取り方

公的年金は払込金額に対して受け取る金額が多いのが特徴です。長生きすればするほどその差額は大きくなります。物価により変動することもありますが、基本的には毎年貰える金額は大きくは変わらないようになっています。それを補完する役割があるものとしては個人年金と呼ばれるものがあります。生保会社などが発売している商品です。一定期間払込をすると、一定年齢から給付が受けられるようになっています。一時金で受けることも可能です。

個人年金の支払いをしているときに死亡した時は一応給付が受けられます。この金額はそれまで支払った金額に一定の利息を付加したものなので大きいものではありません。この個人年金のように使えるものとして終身の生命保険があります。払込期間を選択することができ、終身で払い込むもの、一定年齢で払込を終えるもの、両方を取り入れた形のものなどがあります。このときに一定年齢で払込を終えるものを選択するようにします。

この場合、すでに払込を終えているので場合によっては解約をして解約返戻金を受け取ることができます。それを年金のように毎月受け取ることもできます。こちらの場合、払込期間中に死亡した時は当初予定されていた保障額の給付が行われます。
Copyright (C)2017生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化.All rights reserved.