生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化
生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

会社で契約した生命保険を負担を減らして従業員の契約に変更

会社において福利厚生の方法としては色々なことが行われています。その一つとして生命保険の加入があります。従業員にとっても助かりますし、会社としても損金扱い出来る場合があります。その分利益が減るので損金にできる部分も多くすることができます。会社が加入するものについては基本的には会社の都合で加入をします。従業員にとってどのようなものかどうかはわかりません。負担額の大きいものに加入している場合もあるのです。

この商品において、会社から従業員に退職時に契約の変更を行って従業員がその後継続して契約できるようにする仕組みがあります。負担が大きい場合は辞退することもできるようになっていました。この制度は一見便利そうに見えたのですが会社が支払っていた負担額が大きく、その後支払っていけないので解約を希望する人が多かったようです。せっかくの福利厚生のためとはいえあまり活用されないのであればもったいない制度になってしまいます。

そこで期間の短縮をすることで負担を減らし、その上で従業員に契約を渡す形にしました。保障期間は短縮されるものの毎月の負担額が大きく減るため支払っていけるとのことでした。退職するのは寂しいですが、良いプレゼントになります。
Copyright (C)2017生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化.All rights reserved.