生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化
生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

定期保険を解約するときに解約返戻金を増やす

事情があって定期保険を解約することがあります。この時には解約返戻金が受け取れる場合があります。解約返戻金をなくすことで毎月の支払を減らすタイプもあるので必ずしもあるわけではありません。解約返戻金に関しては、加入直後、加入数年後はそれほど多くなかったりゼロのこともあります。しかし一定年数を経つとそれなりに金額が増えてくることがあります。終身タイプであったり、満期まで相当期間あるような商品では数十万から数百万になることもあります。

ある人は比較的長い定期のタイプに加入をしていました。加入当初あまり知識がなかったこともあり必要性を感じなくなって解約しようと思っています。そのときにあるファイナンシャルプランナーに相談しました。せっかく解約するならその前に商品の変更をしておいたら得になりますよと言われました。まず短いものにすることで積立準備金の差額が戻されます。長期の保障をするためのもので、短期にすることで不要になったのです。

更に実際に解約をした時に解約返戻金を別途受けることができます。普通に解約返戻金を受けるよりも、準備金の調整と変更後の解約返戻金を足したほうが多くなることがあるのです。事前に計算をしてもらってどちらがいいか決めましょう。
Copyright (C)2017生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化.All rights reserved.