生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化
生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

定期の生命保険に加入して期間中に亡くなる

損得に関しては難しいところがあります。お金の上では得をしていてもあまりそのようになってほしくないと思うこともあります。生命保険の場合、加入して数年でなくなったとすれば、払い込んだお金よりも大きな金額を得ることができます。すると一応得した事にはなるのでしょう。でも気持ちとしてはあまりいい気分ではありません。ただしそのために加入するものなのですから、それなりに想定する必要はあります。いつ亡くなるかで損得が変わります。

60歳定期、80歳定期に加入していた人がいました。どちらも保障額は5千万です。ですから受ける給付は5千万になります。一見同じように見えますが、毎月の負担料が異なります。80歳まで加入するタイプの方が毎月の金額が大きくなるのです。この商品に加入をしている人が55歳で亡くなってしまったら、受ける給付は同じでもそれまで支払った支払額が違うので60歳満期で支払っていた人のほうが少し得をしたと考えられルのです。

61歳まで生きたとしたら、60歳定期の人は何も受け取れません。毎月の支払額の差分だけ得になります。80歳定期の人がこのときに解約をすれば解約返戻金を受け取れます。数百万から1千万ぐらい受けられるとされます。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化.All rights reserved.