生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化
生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

生命保険で解約返戻金を受けた時の所得税

何らかの所得を得た時には所得税がかかるようになっています。給料を受けた、配当金、事業を行って得た所得においても税金がかかるようになっています。ただし何から何までかかるわけではありません。所得のように見えてもそれが生活するのに重要な必要なものの場合は非課税になったり、低い税率が適用されるなど考慮されるのです。自分が受けるものにおいてどのような所得税がかかるのかを考えながら計画を立てるようにします。

生命保険において、給付を受けることがあります。死亡に関して受け取ったものに関しては相続税が適用されるため、一定の金額においては控除されるケースがあります。法律変更により低い給付額でも相続税がかかったり負担が大きくなったりするので注意が必要です。それでは解約返戻金を受けた場合はどうかですが、こちらについては所得として税金を計算します。多くは一時期に受けることになるので、一時所得として計算をします。

受けた解約返戻金からそれまで支払った支払金額を差し引き、更に特別控除の50万円を引いた金額がプラスになるのであれば所得税がかかることになります。500万近く受け取れば450万近くが所得税の対象となり、それが負担額になります。

お役立ちサイト

Copyright (C)2017生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化.All rights reserved.