生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化
生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

60歳で払込が終わる終身保険に60歳で解約する

終身保険の目的は一生保障してくれることになります。生きること、病気、その他将来に何があるかわかりませんが、終身の場合は死ぬまで保障してくれることになります。更に商品としては早めに払込を終えることができるものがあります。良くあるのは定年まで支払いをし、それ以降は払い込まずに保障だけ受けるようなケースです。すでに払込が終わっているので年金などから支払う必要はありません。給料等からやりくりをして支払うことになります。

通常はそういった将来のためのことを思って加入をするのですが、投資商品として考えることもあります。60歳で払込が終わる終身タイプに加入をします。保障額は5千万です。死亡すれば5千万受け取れます。60歳までで払い込む金額は3200万円ほどになります。もし60歳になってすぐに亡くなったとしたら5千万円受け取れます。差額としては2800万ほどになります。60歳といえばまだまだ現役です。自分としては第二の人生を送りたい時です。

そこで60歳できっぱり解約をします。すると解約返戻金が受けられます。さすがに5千万とは言えませんが、商品によっては払込金額を大きく上回る返戻金が受けられます。3600万ほど受けられるものがあり、400万の利益が得られます。
Copyright (C)2017生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化.All rights reserved.