生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化
生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

平均寿命を超えるような長寿に備える生命保険

金融商品を考えるときのリスクとは危険ではなく将来の不透明性の事になります。予測がしやすければリスクは少なく、しにくくなるほど高いと言えます。生命保険の場合であれば、ごく短い先のことであれば予測もしやすくリスクも低く考えられます。しかし何十年も先の事になるとその時のことを予測するのは不可能に近くなります。そうなるとリスクが高い商品を購入しなければいけなくなります。自分自身がリスクが高い人間かどうかです。

高齢者に言われるのが高齢になるリスクと言われます。長寿といえば寿の言葉の通りおめでたいと言えそうですが、人によっては生きるためのお金が必要になります。それが十分にあるかどうかです。まずは自分自身が長寿に該当するかどうかを考えてみましょう。タバコを吸ったり、お酒の量が多い、体型がメタボとなると長寿の可能性としてはそれ以外の人に比べると減ってしまいます。長寿のリスク自体は減りますが、あまり嬉しくはありません。

非常に健康的な場合は長寿のリスクを考えた商品選びをしなければいけません。80歳になったとき、90歳になった時などに助けてくれるような商品になります。受けるだけでなく払い込む場合の負担も考えておきます。
Copyright (C)2017生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化.All rights reserved.