生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化
生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

生命保険料控除を活かしきる加入

12月ぐらいになると会社員だと年末調整の資料が会社から渡されます。必要な記入をして、必要な書類を添付して提出をします。するとそれまで概算だった所得税が年末に計算し直されます。多くの人は多く払いすぎているのでいつも引かれている税金部分がプラスに転じることが多いです。嬉しいと思う人もいるでしょう。この年末調整のときに記入するものとして生命保険料控除があります。一定の支払いをすると所得から控除してもらえます。

ただし計算式があります。1年間に支払った金額のうち何円までが計算の対象で、更に控除額はその2分の1などです。あまり金額の高い商品に入ったからといって控除額が増えるわけではありません。そこでこの控除の規定を活かしきる加入をしてみましょう。自ずと1年の支払金額が決まり、1箇月当たりの支払金額も決まります。そのようになるように保障も調整するようにします。それほど良い保障が得られないこともあるでしょう。

あくまでも所得税を減らす目的のものになります。本来は必要ないと思っていたけども、周りからどうしても入るように言われている、個人年金ぐらいなら入ってもいいと思っている要な場合に考えるようにすればいいかもしれません。
Copyright (C)2017生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化.All rights reserved.