生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化
生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化

もしタイムマシンがあったとしたらどういったことに使うでしょうか。過去に戻りたいと思うこともあるでしょうがやはり未来の自分の姿を見てみたいと思うかもしれません。大金持ちになっていることもあれば、波瀾万丈の人生になっているかもしれません。実際のところタイムマシンは存在せず将来のことは誰にもわからない状態です。現在できるのは将来のことを予測をし、可能性に応じて自分なりの選択をすることになります。

何歳で自分が死ぬのかが分かれば、それによって生命保険も加入することができます。しかしそれはできません。死亡したときに給付をしっかり受け取って家族に残せ、更に負担額が少ないほうがいいです。60歳に死亡すると仮定した時、10年定期で60歳まで継続するタイプは比較的負担額が少ないです。それは若いうちの負担額が少ないからでしょう。長期になるとトータルでは少なくなるのですが若いうちもそれなりの負担をしなければいけません。

また60歳満期の定期もどっこいどっこいといったところです。種類や保障額によって多少差が出ると思いますが、60歳までなら定期を継続する形でも良さそうです。これが年齢が高くなると一括定期の方が良い場合もあります。

お役立ちサイト

Copyright (C)2016生命保険で10年定期と長期一括で年齢別の払込額の変化.All rights reserved.